お風呂をリフォームしよう!

お風呂をリフォームする時のメリット

お風呂をリフォームするメリットは、やはりリラックス出来るようになることではないでしょうか。
古いお風呂ではリラックス出来ないのかと言われればそうではありませんが、お風呂は多少の危険が伴います。
脱衣所から浴室に入る時に段差があったり、浴槽のふちが高かったりしていませんか?
脱衣所と浴室の温度差がかなりあったり、長年使っていると湿気で脱衣所も浴室もカビだらけということもあると思います。
特に、脱衣所と浴室の温度差で亡くなっている方もいるので注意したいところです。
また、床が水で濡れていて滑りやすくなっているうえに、浴槽のふちが高いと転倒の危険性も上がります。
そんな危険を取り除いてくれるのがお風呂のリフォームです。
古いお風呂が綺麗になって気分的にリラックスできるのはもちろんですが、傷がいのある方や高齢の方が安心して入れるようになるというのも大きなメリットだと思います。

お風呂をリフォームする時の注意点

入浴は命に直結する事故が起きやすいため、リフォームする時には、どうしてリフォームをしようと思ったかが重要になってきます。
例えば、内装に不満があって、もっと綺麗なお風呂にしたいという場合は見た目にこだわって選べばいいのですが、機能を良くするためや、安全のためにリフォームをする場合は当然見た目だけで選んではいけません。
どうしてリフォームするのかということを明確にして、お店のスタッフや業者さんに相談してみましょう。
また、あまり使わない機能をつけてしまったためにお掃除やお手入れが大変だったり、入浴剤との相性が悪い場合もあるので注意しましょう。
あと、忘れがちなのですが、浴室が古くなっているということは脱衣所も古くなっている場合が多いです。
浴室の入り口付近の床が腐っているということも少なくはないので、可能であれば浴室をリフォームする時に脱衣所も一緒にリフォームするのがいいそうです。