トイレをリフォームしよう!

トイレをリフォームする時のメリット

トイレのリフォームでは、和式トイレから洋式トイレに変更するというのが一番に思い浮かぶと思います。
子供の頃は気にしていませんでしたが、和式トイレは年を重ねるにつれて膝や腰にダメージを与えるので、今では外出先でも洋式トイレに入ることがほとんどです。
体調が悪くてトイレタイムが長くなりそうな時でも、ゆっくり座っていられるのでいいですよね。
他には、同じ洋式トイレでも節水タイプの物に替えると、年間の水道代が安くなったなどの嬉しい声もあるそうです。
今は暖房便座がほとんどなので、冬のお尻の辛さもなくなります。
便器だけ交換するのではなくトイレの部屋自体をリフォーム出来るので、必要な棚をつけたり、手が洗いやすい洗面台を取り付けたりすることが出来て、とても使いやすくなります。

トイレをリフォームする時の注意点

まず気をつけることは、排水の方法でつけられる便器の種類が変わってくるそうなので、ご自宅のトイレがどんな排水方法になっているか確認しておきましょう。
次に、コンセントが電気の配線があるかどうかも大事になってきます。
最近の洋式トイレは暖房便座や洗浄ボタンがリモコン式になっていることが多いので、必ず電源が必要となってきます。
特に和式から洋式へリフォームする際には業者さんと相談しておきましょう。
また、タンクレストイレがすっきりしているからと最近流行のようですが、タンクレストイレにもデメリットがあります。
便器を選ぶ時には最初からこれ!と一つに決めずに、色々な種類の便器のメリットデメリットを知っておくと、トイレに合った便器を選ぶことが出来ます。
最後にトイレに洗面台をつけるかどうかでも排水工事が変わってきます。
どんなトイレにしたいのかイメージしながら、業者さんと事前に相談しましょう。